高橋啓人 (7).JPG

私たちの思い

 高橋建設は、「家」を通してお客様のライフスタイルの設計を一緒に考える工務店です。お子様が巣立った後の家の在り方、自分の生きがいを大切にする生活など人生の様々な変化に対応できる家づくりをご提案します。

​取締役 高橋 啓人

私には、3人の男の子がいます。高校生のうちは家にいますが、あと15年もすれば順番に家を巣立っていくでしょう。この変化を計算に入れないと、子どものたちのために作った部屋は「空き部屋」になってしまいます。このようなライフスタイル変化は、一生続いていきます。こうした変化がどう起こっていくのかを、お施主さんと話をしながら、その人に必要な家づくりを進めています。
 「自分の好きなことができる家」というのも魅力的です。ピアノが弾きたいということで防音室を作ったり、日曜大工好きで土間を作業室に設えたりといった、趣味性の強い家になることもあります。
 しかし、高齢化という避けては通れない問題があるのも事実です。段差が怪我の原因にもなります。動けるうちは、階段の上り下りなど多少負荷がかかったほうがいいと思いますが、年をとったときにバリアフリーのデザインに変更できるような仕様にしておくと長く住めると思います。そうすれば、手すりやスロープも後で簡単に取り付けできます。