高橋建設

 

ライフプランを設計する工務店

未来のライフスタイルの変化に対応できる家づくりを目指しています。

高橋建設集合写真 (15).JPG
 
高橋建設建前 (4).JPG

​私たちの理念

見えない部分を大切に

​基礎、柱、断熱など、住宅の性能や耐久性に欠かせない部分の大半は、引き渡しの時点では見えなくなっています。この部分こそが、その後の住み心地に大きくかかわってきます。高橋建設は、隠れてしまう部分だからこそ、こだわりを持った提案と丁寧な施工を行います。

ユニットバス.jpg

Renovation

住宅を建ててから20年が経過すると、家のあちこちが痛んできます。高橋建設は、新築時に想定されるメンテナンスを頭に入れながら家づくりを行います。なるべく手のかからない、なるべくコストのかからない家を提案します。

​メンテナンスが必要になった部分は、その家の構造や材料を理解している工務店にリフォームを頼むのが基本です。

キッチン.jpg
1657928_m%20(1)_edited.jpg
3568235_m_edited.jpg
454663_m_edited.jpg

水回りはもちろんですが、住みにくさやストレスを解消するリフォームもあります。

断熱性能の劣っている単ガラスのアルミサッシは、冬の寒さが厳しいものになります。

内窓を取りつけるだけで、寒さがかなり和らぎます。

​築50年を超えるような住宅は、断熱材が十分に入っていないところが多くあります。寝るとき自分の吐く息が白くなっていませんか?

43358_m.jpg

施主様の声

満足度の高い住宅とは

IMG_2730.JPG
364934_m.jpg

​ライフスタイルに合った家

​わたしは、古いものが好きです。新築であっても、長い時間がたったような演出をしたいと思っていました。家具や壁のしつらえを古材でまとめるデザインを提案してもらいましたので、大変満足しています。ハウスメーカーではかなえてくれない憧れの家を手に入れることができました。

​ストレスのない家

広々したキッチン、ダイニング、そしてリビングは、友人が子どもたちを連れて遊びに来た時、とっても便利です。他には寝室のみ。浴室、トイレ、収納、玄関は最小限にして、コストを抑えてもらいました。生活のどこに重点を置いて家づくりをしていくかを、設計の前に聞いてくれてよかったと思います。

 

​サクセスフルエイジングと住宅

高橋建設は、人生100年時代にふさわしい家づくりを行っています。家を建てる場合、現状だけを考えていては、20年~30年後にやってくる変化に対応できなくなってしまいます。それは、何歳であっても同じことです。子どもたちが自立して家を出た後に残った2階の部屋は開かずの間になってしまったり、せっかく作った和室が物置になってしまったり、せっかくの財産は宝の持ち腐れになってしまいます。

​私たちは、「人生の変化に対応できる家」をご提案しています。まずは、あなたが一番大切にしていること、もっとも幸せを感じることをお聞かせください。そこが、設計のスタート地点になるのです。

 
574770_m.jpg
245049_m.jpg
2657658_m.jpg

住まいの勉強会

​東京福祉大学社会福祉学部長・研究科長の伊東眞理子教授を迎えて、勉強会を開催しました。サクセスフルエイジングを推奨し、健康で、楽しく、自分の人生を謳歌できるライフプランに必要性を教えてもらいました。高橋建設は、最新の福祉の考えを取り入れた住宅づくりを進めていきます。

すべての動画

すべての動画

動画を見る

​住宅の質と建設コスト

比較的安価な工務店の家づくり

私たちは、ご紹介を頂いたお客様の家づくりを行ってきました。
これが、リーズナブルな住宅建設ができる大きな理由です。営業活動や広告といった、実際の家づくりとは関係ない部分に投資をする必要がないからです。頂いた建築費は、すべて施主様のための必要な費用となっています。

無駄なく、より高品質な住宅をこれからも作っていきます。

 
Modern Kitchen

​断熱は窓から

断熱樹脂サッシ「YKK330」を標準仕様に

寒さ対策は「窓」

​結露も防げる

​断熱欠損診断

「寒い家」の原因が見える!

サーモ冷.png
MHSS0400.png

バリアフリー化

屋根・壁の断熱材

L1091390.JPG

ウレタンフォームの吹き付け充填断熱

断熱材の厚みは、柱の軽と同じ10センチ。この厚みが、外気と内気を断ち切ります。高橋建設の標準断熱仕様です。

あったかい家の秘密は、ここにあります。

​吹付を行うことで、隙間なく断熱材を充填することができます。金物の周囲もウレタンで覆ってしまいますので、熱伝導で伝わってくる冷気も室内へ直接侵入することはありません。

​今はいらない・・・でも、

例えば、玄関の上がり框(かまち)の高さを3センチにすることもできます。この段差であれば、将来スロープを付けたい場合でもあっという間に、しかもコストをほとんどかけずに設置ができます。

​思い込みで、30センチも段差をつけてしまうと、よほど広い玄関でない限り取り付けはできません。

IMG_2902.jpg
 

耐震等級3とは?

等級3は、耐震等級1の1.5倍の地震力に耐えられるだけの性能・耐震強度水準です。住宅性能表示制度で定められた耐震性の中でも最も高いレベルであり、一度大きな地震を受けてもダメージが少ないため、地震後も住み続けられ、大きな余震が来てもより安全です。災害時の救護活動・災害復興の拠点となる消防署・警察署は、多くが耐震等級3で建設されています。

1972262_m_edited.jpg

強い基礎

有限会社高橋建設では、住宅建築業者として、Chitaを拠点に、総合的なサービスを提供しております。設計から完成まで、当社にお任せください。2000年の創業当初より、品質を最も重視するエキスパートを集め、チームワークをとって運営しております。「きっとお客様にご満足いただける」という思いで、一つひとつの案件をこなしてきました。

 
L1091972.JPG

強い基礎

耐震等級3を取得するために、構造計算を行います。

震度7の揺れが、立て続けに2回起こった熊本地震では、1度目は耐えたが2度目の地震で倒壊した住宅も多数あった中、等級3の住宅は2度の震度7に耐えていたことが、専門家の調査によって明らかになっています。

 

お問い合わせ

電話:0562-56-3264

  • Google Places

送信が完了しました。

Wooden Stairs